MENU
CONTACT

この夏の時期の適切な水分補給とは!?

皆さん、こんにちは!

 

Drトレーニング三軒茶屋店店長の佐々木です!

 

まだまだ残暑が厳しですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

熱中症に発症される方の割合も増えてきているので、みなさんはしっかりと水分補給や塩分を補給して熱中症対策をしっかりと行なっていきましょう!

 

そんな今回は真夏の時期の水分補給について皆さんにお話ししようと思います!

 

そもそも水の役割とは?

 

そもそもなぜ、人間は水が必要なのか?

 

私たちの体は毎日大量の水分を失っています。

 

水の役割

 

・消化、吸収、循環、排泄機能を含む身体機能を維持する

・水溶性ビタミンを活用するために機能する。

・細胞内外の栄養素や老廃物を輸送する。

・虫歯を防ぐ助けとなる唾液を作り出す。

・関節の衝撃保護を助け、何よりも体温を維持する上で主要な役割を果たす。

 

といった役割があります!

 

ですので、水分の摂取量が少ない場合、精神的、身体的パフォーマンスへの有害な影響が、かなり早くから現れる可能性があります。

 

ここまでは水分補給の重要性についてお話ししていきました!

 

脱水症状の種類

 

水欠乏性脱水症(高張性脱水症)

 

まず、汗には水分とナトリウムなどの電解質が含まれています。

 

そして発汗当初は水の欠乏が多く、電解質は腎臓による保持がされているため、水の補給なしに、長時間の発汗が続くと高張性脱水症となります。

 

ナトリウム欠乏性脱水症(低張性脱水症)

 

こちらは、上記の状態のときに、水のみを摂取すると血液中の電解質(ナトリウムなど)が薄まってきてしまいます。

 

これらから分かる通り、トレーニング中に汗をかき、水分が失われているからといって、水のみを多量に摂取すると、返ってそれが脱水症状を引き起こしてしまう可能性があります!

 

では、運動中、もしくは運動前にどのように水分を補給していくと効果的なのか・・・

運動時の適切な水分補給

 

アイソトニック飲料

 

こちらは安静時の体水分の成分と電解質濃度が等しい飲料のことです。

 

特徴:ゆっくりと体内に水分が補給されるので、運動前に摂取してあげることが効果的だと言われています

 

代表例:ポカリスエット・アミノバリュー・アクエリアスなど

 

ハイポトニック飲料

 

こちらは安静時の体水分の成分よりも電解質濃度が低い飲料のことを言います。(味が薄い)

 

特徴:体内にすぐに吸収されやすいので、運動中や運動後の水分補給が早急に必要な場合に適していると言われています。

 

代表例:BCAAウォーター・スーパーH20

 

この、体内に吸収される速度を考慮して、適切なタイミングで適切な飲料水を摂取することで、トレーニング中のパフォーマンスが上がり、また、この時期の熱中症や脱水症状を防ぐことができます!

 

この時期、一生懸命トレーニングをして、頑張っているからこそ、体調を崩さないようにこの水分補給のタイミングを考慮して、さらにトレーニングの効率を高めていきましょう!🔥💪

■Dr.トレーニング三軒茶屋店

三軒茶屋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング三軒茶屋店〉

080-5923-1912

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-36-2 SANJA108ビルB1
>三軒茶屋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>三軒茶屋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP