MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

日頃の疲れを軽減するためにこれだけは意識すべき!!

こんにちは!

Drトレーニング三軒茶屋店の佐々木です!

今回は、「疲労」の軽減の方法についてご紹介させていただきます!

疲労とは?

そもそも疲労とは、何か?というお話なのですが、疲労とは、

「心身への過負荷により生じた活動能力の低下」

を疲労と言います。

そして、似た言葉の疲労感とは、

「疲労が存在することを自覚する感覚のこと」

を言います。

つまり、私たちは、疲労感を感じることで、倦怠感やだるさ、活動意欲の低下を感じているのです。

疲労の原因は?

乳酸原因説

よく、身体がしんどいなと感じたときに、

「乳酸が溜まって、疲れてきた」

「乳酸は疲労の敵だ」

など一度は聞いたことや考えたことがあると思います。

ただ、これは大きな間違いなのです!!

実はこの乳酸というものは、身体の中で作られ、その後、最終的には新たなエネルギーとなって、変換されるのです!(糖新生)

つまり、乳酸は悪いものではなく、むしろ、身体を動かすエネルギーにもなりうる必要なものとも言えるのです

そうなると、何が疲労の原因なのか??

気になりますよね!!

疲労のデメリット

疲労のデメリットは大きく4つあります。

思考力、行動力の低下

この理由として、ストレスが加わると、「前頭葉の萎縮」が引き起こされることが主な原因です!

前頭葉は脳の中で「行動のキーマン」です!

色々な情報を処理して、そこから意思決定をして、行動に繋げてくれる1番重要な役割を持っています!

その前頭葉が、疲労やストレスによって萎縮してしまい、考える力、そして、行動する力が失われてしまうのです。

そうすることによって、私たちはミスをするということに繋がってくるのです。

疲れやすいパターンが作られる

こちらは、「疲れやすさを感じやすくなる」ということです。

ある実験では、パソコンに数字をランダムに配置し、目的に合わせて数字を選択するという課題を与えたところ、疲労をしていない人は、脳のあらゆる部位が活性しているにも関わらず、疲労している人は、脳の一部分しか活性してない(視覚野)というデータがあります。

これは、脳の反応が鈍くなっていることが言えます。

冷静な判断、普段の行動ができなくなる

ストレスがかかり、疲労を感じると「脳の血流量が不足する」ということが起こります。

脳の中でも、「帯状回」「眼窩前頭野」と呼ばれる部分の血流量が低下してしまいます。

帯状回は、

「これまでの自分の行なってきた行動の良し悪しを判断して、そのデータのもと、行動に移すために必要な部分」

になります。

例えば、これまでに人助けをしたときに感謝をされて、とても良い気分になれたから、もう一度、人助けをしようと思うときはこの帯状回が活性されています。

ですが、ここの血流量が低下することで、これまでのプラスな感情と出来事が結び付いていたものが、繋げられにくくなり、普段なら出来ている行動が出来なくなってしまう。

といった事が起こります。

また、眼窩前頭野は、主に、

感情の抑制」

をしてくれる部分です!

普段、イライラしても、突発的な行動をせず、コントロールできているのは、この部分の働きが大きいのですが、疲れが溜まってくると、イライラしやすくなったり、冷静な判断ができなくなるのは、この部分の血流量が低下することで、機能が低下してくるからなのです。

頭が冴えない、やる気が出ない状態になる

これはセロトニンという物質の分泌が低下することが原因です!

このセロトニンは、幸せホルモンとも言われており、

「スッキリした気分にさせてくれる」「頭の回転が速くなる」「集中状態に入りやすくなる」

などのメリットがあります。

ですが、ストレスがかかる事で、このセロトニンが分泌されにくくなってくることで、無気力、やる気がでない。

という状態になってしまいます。

疲労を軽減するための方法は?

それでは最後に、疲労を軽減するための方法をお伝えします!

タンパク質を食べる

先ほどご紹介した幸せホルモン「セロトニン」の材料は、トリプトファンと呼ばれるタンパク質が主な原料となっています!

ですので、タンパク質である

「お肉」「お魚」「大豆製品」

はとてもおすすめです!

お腹が空いたときに、チョコレートを食べるのではなく、プロテインや、ナッツ類などを摂る事で、脂質も抑えられて、かつ、疲労を軽減するための栄養も補給できるので、とてもおすすめです!✨✨

物事の捉え方を変える

最初にもお伝えしたように、疲労と疲労感は別物です!

 

同じ課題を与えたとして、それをストレスだと感じて、すぐに疲れたと言う人と、全くストレスに感じずに、疲れも溜まらずに課題に取り組める人はいますよね!

 

それは何が違うかと言うと、物事の捉え方の違いなのです!

これは「認知的再評価」というテクニックで、

自分が取り組んでいるものに、どんな価値があるのか?

と考える事で、意味を持って取り組むことができるので、疲労を感じにくくなるということになります。

人は、

「単純作業」が1番ストレスを感じやすい特徴

がありますので、辛いとき、ダイエットがしんどいなと思ったときに、

 

「このダイエットの頑張りの先に、どんなことが待っているのだろうか?」

「このダイエットをすることによる、自分への価値は何か?」

 

と問いかける事で、ストレスや疲れを感じずに取り組むことができるので、ぜひ、壁に直面したときは問いかけてみてください!

 

ダイエットの過程で、しんどいときや疲れを感じやすくなると、ストレスホルモンが分泌され、かえって逆効果!

になってしまう可能性がありますので、この疲労とうまく付き合うことで、ダイエット、ボディメイクの効果も上げていきましょう!🔥

■Dr.トレーニング三軒茶屋店

三軒茶屋の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング三軒茶屋店〉

080-5923-1912

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-36-2 SANJA108ビルB1
>三軒茶屋のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>三軒茶屋のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP